2005年12月17日

浅田真央、優勝!!

フィギュアスケートグランプリファイナルで、浅田真央が優
勝!!表彰台には入るかな?とは思っていたけど。技術点が
高かったのは納得できたんだけど、演技、構成点(確か芸術
点だった気が?)が、減点なしだった事。これには驚愕して
しまいました。日本のフィギュアスケートの選手って、ほと
んどが技術力(3回転半、4回転ジャンプ)を売りにしてい
る選手が多いので。浅田真央のスケーティング、技術力が高
いだけかと思ったら、とても無垢。もしくは何の色にも染ま
っていない清々しさというんでしょうか?そういう物を感じ
ました。こんなにも素晴らしいスケーティングなのに、年齢
制限によって、トリノオリンピックに出られないというのは
・・・。(だから、ある意味伸び伸び滑っていたんでしょう
けど。無欲の勝利というか)これで、結果しだいによっては
出場できる。となったら、また違う結果になってたんだろう
けど。これからISU (国際スケート連合)で、検討されるん
でしょうけど。

続きを読む
posted by cozey at 22:54| Comment(2) | TrackBack(15) | ウィンタースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仰木彬氏、死去

12/15、前オリックスバッファローズ監督の仰木彬氏が死去され
ました。原因は呼吸不全みたいです。これは初めて知った事なんです
が、「93年に肺がんを患い克服。しかし、04年に再発。これも手
術&抗がん剤治療で克服したかに見えたんだけど、05年シーズン中
に再び病魔が進行・・・。(スポニチから抜粋)」仰木彬氏と言えば、
88年、10/19のロッテオリオンズとの最終戦ダブルヘッダーで
死闘を演じ、89年は、西武ライオンズ、オリックスブレーブスとの
三つ巴を制してパリーグ制覇。そして、読売ジャイアンツとの日本シ
リーズで、まさかの3連勝4連敗。阪神、淡路大震災後の95、96
年オリックスブルーウエーブの監督としてパリーグ連覇!!(96年
は日本一)近鉄時代は「いてまえ打線」オリックス時代は「日替わり
打線」でチームを牽引。そして何と言っても野茂英雄・イチローを、
見い出した事でしょう。野茂は、ドラフト会議8球団競合の末、獲得
したんだけど、『トルネード投法』をいじらず、そしてルーキーなの
にマイペース調整を許し、新人で最多勝を獲得(あと、沢村賞もとっ
た記憶が?)イチローは、前監督の土井氏に『振り子打法』を否定さ
れて、くすぶっていた時に、仰木彬氏が監督になり、ハワイの教育リ
ーグ?(ウインターリーグだったけ?)でのイチローのプレーぶりか
ら、イチローの才能を見い出し、一軍昇格。そして、最多安打リーグ
記録更新。(ちなみに、今、阪神タイガースの岡田監督が、現役時代
晩年、スキャンダル騒動に巻き込まれ、阪神タイガースから自由契約
になった時、手を差し伸べたのは、仰木彬氏でした)

続きを読む
posted by cozey at 00:08| Comment(1) | TrackBack(4) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。