2005年12月26日

ラモス瑠偉氏、東京ヴェルディの監督に就任

ラモス瑠偉氏が、東京ヴェルディの監督に就任。柏レイソル
のコーチとして、ヴェルディをJ1 残留に引導を渡した時の
表情はとても複雑な感じでした。ちなみにラモスの血の色は、
元ドジャース監督ラソーダ氏風に言うならば、「ヴェルディ
グリーン」だそうで。ラモス監督を支えるアシスタントコー
チ陣は、ベガルタ仙台をJ2 4位に導いた都並敏史氏、ヴェ
ルディ黄金期のGK 菊池新吉氏、そして今、浦和レッズのア
シスタントコーチをしている柱谷哲二氏と交渉中らしいです。
ある意味、ラモスファミリーなんだけど、上手い事いってい
る時はいいんだけど、少しでも歯車が狂ったら・・・。大変
な事になりそう。そして、やはりというか、当然と言うべき
か、アジアチャンピオンズリーグ勝ちにいくみたいです。一
応J2 の事も考えて。というコメントは残しているんですが。
予選リーグ突破しちゃいそうで怖い・・・。決勝トーナメン
トも良い所までいっちゃいそう。よっぽどの事がない限り、
J1 昇格レース大本命はヴェルディだと思うんですけど。
posted by cozey at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(Jリーグ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

M1グランプリ2005

島田紳助が『漫才復興』『漫才に恩返し』という意味で立ち
上げた『M1グランプリ』 今年の優勝は、”ブラックマヨネ
ーズ”確か、上方お笑い大賞の新人賞かな?それを獲得した
記憶はあるんだけど。名前は知っていたんだけど、(確か”
FUJIWARA” ”陣内智則”がトップだった時のbase メン
バーだったはず)あんまり印象に残る事はなかったので。ち
なみに、今日初めて”ブラックマヨネーズ”の漫才を見たん
だけど、面白かったです!!完成度が高い。例え話がめちゃ
めちゃ面白かった!!あと、オチも予選と決勝、両方とも同
じ奴だったし。私の今年のM1優勝予想は”麒麟”でした。
M1の一つの特徴は、審査員が全員現役のお笑い芸人という
所なんですが、その審査員の一つの特徴は、「スタンダード
よりも、アナーキーでカウンター」な物を求めている所だと
思います。審査員のレギュラー6人、(島田紳助、松本人志、
大竹まこと、島田洋七、ラサール石井、中田カウス)の内、
スタンダードを好むのは、島田洋七。話しの展開(起承転結)
つっこみの質にこだわるのは、ラサール石井。残りの4人は、
カウンターでアナーキーな物を求めている様に思います。(
それプラス、中田カウスは、”鮮度”も重視)ただ、「カ
ウンターでアナーキー」だけでいいか?というと、そうで
もないんです。過去4回M1グランプリを獲得した漫才師”
中川家””ますだおかだ””フットボールアワー””アンタ
ッチャブル”この4組、漫才スタイルは「スタンダード」な
んですよ。「スタンダード」の中に、隠し味で「カウンター
でアナーキー」な部分を出していると思うんですけど。そこ
から考えると、今回の私の本命は、”麒麟”でした。予選は
完璧だったんじゃないでしょうか?自画自賛のオチは見事だ
ったし、中盤当たりで、まさかのアドリブもあったし。決勝
は、最初怪談話でスタートし、そのまま続けるのかな?と思
ったら、途中で話しやめちゃう所が面白かったし、その後の
モデルネタもめちゃめちゃ弾けていたし!!(決勝でもアド
リブやっていました)ただ、最後のオチが・・・。あれで最
後のオチが決まっていたら、”麒麟”が勝っていたんじゃな
いでしょうか!!(1本目と2本目、逆にしていたら・・・。)

続きを読む
posted by cozey at 02:33| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。