2006年03月26日

「世界フィギュア選手権」(女子・フリー)

世界フィギュア選手権、優勝はキミー・マイズナー選手。
ちょっとびっくりしてしまいました。昨日、個人的に注目
の選手
、と書いたんだけど、まさか優勝してしまうとは・
・・。今日の演技で1番印象的だったのは、後半のコンビ
ネーションジャンプ(3連続)を決めた事。本当に演技が
終わる直前に決めてきたので、驚いてしまいました。あと、
とても伸び伸びと躍動感溢れる演技が目を惹きました。
フリーの演技は、サーシャ・コーエン選手の方が先だった
んですが、キミー・マイズナー選手の演技を見た時、”サ
ーシャ・コーエン選手よりも点数は高いだろうな”とは思
っていたけど、あそこまで高かったとは・・・。想像でき
ませんでした。

そして、サーシャ・コーエン選手。一言で言えば”今回も
・・・。”という表現が1番似合ってしまいました・・・。
1番最初のジャンプで着氷が乱れてしまったんだけど、そ
の後持ち直したので、”今回は大丈夫かな”と思っていた
ら・・・。演技にキレはあったと思うんですよ。スピンも
凄かったし、サーシャ・コーエン選手にしか出来ない、1
80度、足を開脚するスパイラルシークエンスも良かった
し。あそこまでジャンプが乱れちゃうと、ちょっとつらい
のでは・・・。(アテネショックをひきずっていたとして
も)

2位に入った村主章枝選手。ジャンプが3回転飛ばなけれ
ばいけない所を2回転になった所以外は、なかなか良かっ
たのではないかと。ラストの高速スピンを映えさせるため
の演技の逆算も見事だと思うし。ただ、頭の中で全日本選
手権のフリー演技
の時と比べてしまうんですよ。(比べち
ゃいけないかもしれないけど)あの全日本選手権の時の、
何かが乗り移った感じの演技と比べると、ちょっと物足り
ない。と思ってしまいました。ただ、この世界選手権(フ
リー)にしても、トリノオリンピック(フリー)の時も、
村主選手の前に滑った選手が、”ベストアクト”だった所
を差し引いていなければいけないのかもしれないけど。

中野友加里選手。今回はトリプルアクセルをダブルアクセ
ルに変更したみたいで。総合結果は5位。今日の演技も、
一つ一つの技にキレがあって正確だった様に思います。
今回は表彰台に確実に昇るために、トリプルアクセルを跳
ぶのをやめてしまったんだと思うんだけど、個人的には跳
んでほしかったな。
今年の中野選手は、いわゆる世界という舞台にエントリー
した1年だったと思います。これから世界とどうやって戦
うか?そういう意味で言えば、トリプルアクセルは1つの
武器になると思います。ただ、中野選手の場合、”トリプ
ルアクセル”しか特徴がない選手ではなく、”正確な技”
という土台があってのトリプルアクセルだと思うので。
あと、ドーナツスピン。見ていてうっとりするくらいきれ
いです。これで、イリーナ・スルツカヤ選手みたいに”ド
ーナツスピン→ビールマンスピン”が出来る様になれば、
確実に世界のトップクラスの選手になるのでは?

来年の世界選手権は3月に東京で行われます。
日本の出場枠は、村主選手2位+中野選手5位なので、”
3”です。(上位2選手の合計順位が13以内なら、”3”
だそうです)
もう来年の事を言うのは早いかもしれないけど、それだけ、
日本フィギュア(女子)選手の層が厚い!!
今年はいろいろ感動を貰いました。本当にありがとうござ
いましたm(_ _)m
posted by cozey at 21:54| Comment(0) | TrackBack(3) | ウィンタースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。