2006年10月22日

日本シリーズ第2戦「中日ドラゴンズ vs 北海道日本ハムファイターズ」

日本シリーズ第2戦は北海道日本ハムファイターズが勝利
しました。(5−2)
1回表、”2アウト、2塁”から、谷繋選手のセンター前
2点タイムリーヒット。
1回裏、井端選手のレフトスタンドに放り込んだソロホー
ムランで同点。(このシリーズ、初アーチ)
4回裏、福留選手のライトへのソロホームランで逆転。
7回表、”2アウト、2、3塁”から、金子選手の2点タ
イムリーヒットで逆転。
8回表、セギノール選手の2ランホームランで駄目押し。

ファイターズが勝って、対戦成績を五分に戻しました。
試合の流れが変わったのは、5回裏”0アウト、1、2塁”
の場面、バッターは山本(昌)選手。ちょっと強めの打球
になってしまったんだけど、サード前にバント。それを八
木選手が3塁に送ってフォースアウトの場面。八木選手の
ナイスフィールディング。という所を差し引いても、もう
少し打球を殺した方が良かったかな?
あとは、7回表”2アウト、2、3塁”バッターは金子選
手の場面。どうして勝負したんでしょうか?(解説では、
山本(昌)選手が勝負を選択したみたいな言い方をしてい
たけど)次がピッチャーの八木選手なら当然、満塁策を取
った方が良かったのでは?

7回からは、ファイターズをパリーグ制覇へと導いた、新
たな数式”HAM”の方程式が。”HAM”の”H”の武田(
久)選手の調子が、まだ今一つという感じがしたんですが?

火曜日からは、札幌ドームでの闘い。ここで気になる事と
言えば、パリーグで採用されている”DH”ドラゴンズはど
ういう風に使うのか?普通に考えれば、立浪選手 or ウッズ
選手をDHで使ってくるんだろうな?と思うんですけど。


banner2.gif

ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
posted by cozey at 22:43| Comment(3) | TrackBack(12) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。