2007年02月12日

2月のCD購入予定

これが第3弾です。(第1弾第2弾)今月はCDを買う枚
数が多いので紹介したいなと。

紗希「愛という言葉」
紗希2枚目のシングルです。紗希ちゃんとの出会いは、AC
O目当てに観に行ったライブイベントに、Rosetta Garden
(真心ブラザーズの桜井秀俊が作った男女2人組ユニット)
のキーボードのサポートとして登場した時。そのコーラス
ワークに驚き、(キーボードのサポートにしては上手すぎ
ると)1曲だけ自分の曲を披露した「春の匂い」に心奪わ
れてしまった訳なんですが。(その時のライブレポはこちら

4ヶ月前ですか、初めて紗希名義でのライブを観ました。
この時にも「愛という言葉」を歌っていたんですが。個人
的にこの曲には期待大です!!インディーズ時代にリリー
スされた「春の匂い」を彷佛とさせる様な、素朴で暖かい
メロディ、歌詞に。(この時観たライブが、あまりにも私
の想像を超えたライブアクトだっただけに、この曲は余計
に心に染みました)

そして「愛という言葉」はタイアップがついたみたいです。
TBS・MBS系列で放映されている「天保異聞 妖奇士(あ
やかしあやし)」
のエンディング曲として流れているみた
いです。この曲でもしブレイクしたら、Rosetta Garden
のライブにサポートとして参加したライブを観たのって、
貴重なんだなと。(インディーズ時代のケツメイシを観た
のと同じくらい貴重になるのかな?ブレイクしたらの話し
ですが)

最後にこれは余談なんですが、紗希ちゃんってNUMBER G
IRL好きだったんですね。なんでも高校生の時、バンドでコ
ピーしていた
みたいで。びっくりしてしまいました。(そ
れにしても、私が好きになるアーティストって、見えない
横の糸が繋がっているんだと)

Dragon Ash「INDEPENDIENTE」
このアルバム、一言で言い表わします。『めちゃめちゃ期
待しています!!』
前作「Rio de Emocion」でのラテンサウンドをさらに発
展させたアルバムになっていると予想しているんですが。
(先行シングルを聞くかぎりでは)それよりも私が期待し
ている事は、久々に降谷建志が帰ってくる事ですよ!!私
はKjよりも降谷健志が好きなので!!これを一言で言うな
らば、『ラップしているKjよりも、歌を歌っている降谷建
志に魅力を感じていると』
「ミクスチャー→ラテン」もしくは「ラップ→歌」に回帰
した最大の理由の1つとしては、”鼻息粗いシマウマ(懐
かしい)”ことZEEBRA率いる伝説のヒップホップユニッ
トキングギドラが2002年ドロップ(リリース)したア
ルバム「最終兵器」に収録されている「公開処刑」にて、
ZEEBRAは降谷建志をディス(相手をけなす)したことに
よるものだと。(ちなみにK DUB SHINEはRIP SLYME・K
ICK THE CAN CREWをディスしたのかな?)

この出来事について降谷建志は「十字架を背負っていく」
と。(個人的には「最終兵器」に対するアンサーソング[
ヒップホップの世界では常識みたいです]をリリースして
ほしかったんですが。この出来事からみると、降谷君はZ
EEBRAよりも、甲本ヒロト[ブルーハーツ]の方が好きだ
ったんだなと)あと、3万字で大炎上させられてしまう音
楽雑誌「ROCK'IN ON JAPAN」で、「Dragon Ashは帰っ
てきたけど、Kjはまだ帰ってきていません」という記事が
載っていたんですが。

私は正直言って”Kjは帰ってこなくてもいいんですが、降
谷建志は帰ってきてもらいたい”と、ずっと思っていたの
で。

今回のアルバムは本当に期待大ですよ!!ひふみかおりや
MIHOをプロデュースしていた時にみせていた、名メロディー
メーカーとしての降谷建志を堪能できるアルバムになるの
ではと。


椎名林檎×斉藤ネコ「平成風俗」
映画「さくらん」の音楽監督をすることに伴っての4枚目
のソロアルバムなんですが。東京事変の1stアルバム「教
育」を聞いた時から、”3rdアルバムリリース後、ソロに
戻りそう”という予想をしていたんですが、1枚早かった
・・・。東京事変の2ndアルバム「大人」を聞いた感想を
一言で言うと、「これだったら、ソロ名義の方が・・・。」
という印象を持っていたので。

バンドという制約から解放された椎名林檎はどんなアルバ
ムを作ったのか?そこに注目しているんですけど。SOIL&
"PIMP"SESSIONSとコラボした「カリスメ乙女」が、とて
もかっこ良かったので期待しているんですけど。

柴田淳「月夜の雨」
これがレコード会社移籍後初となるアルバム。相変わらず
重い(切ない)内容の歌詞を重い(切ない)歌声で歌って
います。それにしても「HIROMI」がオリコンチャート5位
(確か)だった時は、ぶったまげましたよ!!よくもまぁ、
あんな重い(切ない)曲が5位に入ったものだと。いくら
CDの販売数が落ちたとはいえ・・・。私はしばじゅんが好
きなので嬉しいんですけどね。このアルバムも、しばじゅ
んお得意の切ない世界が描かれたアルバムになっていると
思います。ただ「わたし」「ひとり」と比べれば、若干明
るく(先行シングルを聞いた限りでは)なるのかな?と。

そして、しばじゅんは一部では「シークレットライブの女
王」と言われて?いるんですが、そのしばじゅんが初の全
国ライブ「柴田淳2007ツアー〜しばじゅんはじめまし
た!〜」を開催!!チケットの方は全会場ソールドアウト
してしまったんですが、4/10東京厚生年金会館の方で
追加公演が行われるみたいです。

ちなみに私はチケットGETに成功しました!!で、実は私
一度しばじゅんのライブを観た事(ライブイベントに出演)
がある
んですが、よくよく考えてみたら「どうして出演す
る気になったんだ、しばじゅん」と思ってしまった訳で。
(確か、このライブイベントがいわゆる公開有料ライブ出
演が最後だったはず。このライブツアーが始まる前の)

最後に、毎年5月に行われるSING LIKE TALKINGの佐藤
竹善さんのお誕生日会に出席してくれる事を秘かに期待し
ています!!(しばじゅんにとっても忘れられない1日に
なるんじゃないですかね。塩谷哲のピアノに乗せて歌う事
が出来るんだから。出演したらの話しですけど)

最後に、こちらで紹介した竹中麻実子「Note」が一般流通
に乗り、CDショップで購入可能になったみたいです。で、
「Note」をCDショップで購入し、レシートを送ると非売
品DVDが貰えるそうで。 (LIVE映像等かな?)ちょっと
「・・・」と思ってしまった自分がいます。(もしかして
ファン失格ですか?)


banner2.gif

ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
posted by cozey at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(雑記等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日向秀和、ZAZEN BOYS脱退

昨日向井秀徳公式HPにアクセスしたら、ベースの日向秀和
が脱退する事が判明してしまいました・・・。
向井秀徳の2/3の日記を読むと、日向の方から脱退を申
し入れたのではなく、向井の方から日向に対してバンドを
辞めてくれと。
理由はというと、日向ZAZEN BOYS以外にも、いろいろ
とバンド活動を並行させていて、スケジュールを合わせる
のが困難&それに伴う日向自身のノリが向井が思うものと
違ってきているみたいで。

続きを読む
posted by cozey at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。