2007年06月25日

交流戦最終戦を白星で飾る事が出来ず・・・。

マリーンズ、交流戦最終戦を白星で飾る事が出来ませんで
した・・・。(6−4)

交流戦最後の相手は、ニッポン野球が”world”に誇る鉄
壁の中継ぎ陣”クアトロK”を解体するという暴挙に打って
出た大矢明彦新監督率いる横浜ベイスターズ

先制点はベイスターズ。金城選手が”クアトロK”を解体
させられた今、試合に勝つには序盤での先制点が必要
とば
っかりに、ライトスタンドへソロアーチ。
そして3回表、”1アウト、2、3塁”から、またしても
金城選手が”クアトロK”を解体させられた今、試合の主
導権を握るには、畳み掛ける様な追加点が必要
とばっかり
に、ライトフェンス直撃の2者生還のタイムリー3ベース。
そして吉村選手が”クアトロK”を解体させられた今、試
合の行方を決めるには、序盤での中押し点が欲しい
とばっ
かりにライトへの犠牲フライ。序盤で4点も入れられてし
まいました・・・。

マリーンズの方は、3回、7回裏とチャンスがあったんで
すが点に結び付ける事はできず。そして8回裏、やっと”
ハマのおじさん”こと工藤選手を捕らえる事に成功して1
点を返したんですが、工藤選手をノックアウトした後、”
木塚、クルーン”という魅惑のリレーの前に1点を取るの
が精一杯でした・・・。

この頃、チームの状態が好調なベイスターズですが、やは
り最後に頼りに出来るのは、後ろがしっかりしている中継
ぎ陣。上原選手を抑え、豊田選手をクローザーにして磐石
の布陣を敷く事が出来た読売ジャイアンツに対抗するには、
やはり”クアトロK”の復活が必須です!!(”クアトロk
ネタは、”プロレスLOVE”ならぬ”川相LOVE(読売ジャイ
アンツ→中日ドラゴンズ)”なblog
を参考にして書いてい
ます)

マリーンズ、ペナントレース再開後の初戦の相手は交流戦
期間中にチーム状態が悪くなってしまった福岡ソフトバン
クホークス
。両チームともこの3連戦は正念場の様に思い
ます。


banner2.gif

ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
posted by cozey at 23:48| Comment(0) | TrackBack(3) | 虎&鴎(2007 Ver.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。