2007年12月23日

「M-1グランプリ2007」

久々に"M-1 DREAM"を見させてもらいました!!ここま
で彗星の如く表れたのは04年の南海キャンディーズ以来
じゃないでしょうか!!今年の「M-1グランプリ」を制し
たのは敗者復活から這い上がってきたサンドイッチマン!!

私は正直、予選と決勝戦の漫才を見た時、"安定感でキング
コング"かな?と思ったんですが。(審査員の構成が若干変
わったので)まさか新しく審査員に加わったオール巨人さ
んと上沼恵美子さんが、キングコングではなくサンドイッ
チマンに投票した事が、今日の「M-1グランプリ」で1番
驚いた所でした。(特にオール巨人さん)これは2年前の
感想
でも書いたんだけど、M-1という磁場が「カウンター
でアナーキー」な物を吸い寄せてしまうんでしょうね。

サンドイッチマンもキングコングも、一発でKOを狙うスタ
イルの漫才ではなく、地道にジャブを打ち続けてダメージ
を与えていくタイプの漫才だと思います。(1本目のキン
グコングの漫才は、ちょっと点数が高いと思ったぐらいな
ので)で、さっきも書いた通り、安定感ならキングコング
だろうと。そして鮮度ならばサンドイッチマンだと思いま
した。(1本目の漫才の感想をオール巨人さんが、"完璧な
漫才だった"という批評)個人的にはサンドイッチマンの鮮
度と重箱を突く様なボケと、キングコングのテンポが非常
に速い漫才だったら、サンドイッチマンの漫才の方が私は
好きだったんですが、やはり安定感でキングコングなのか
な?と思ったんですが。

キングコングにとっては"メリットよりもデメリット"の方
が遥かに高い中での参戦。その中でキングコングはよく頑
張ったと思います。西野さんのblogで、「TVではしゃい
でいる姿を一部のお笑い芸人や一部のお笑いフリークは"芸
人のクセに・・・"と言った意見に対して、"お前らの信じる
舞台芸で勝負したるわい"」(抜粋)という文があったんで
すが、キングコング面白かったです!!ただ、あまりにも
テンポが速すぎて、細かいボケも一瞬のスピードで走り抜
けてしまい、面白いという感覚を与えてもられなかった感
じもしたんですが。でも西野さんと梶原さんの"漫才LOVE"
そして、"漫才魂"というものは見せてもらったと思います。
バラエティよりも板の上の方が似合っている感じがします。
(芸人さんだから当たり前なのかもしれないけど)このク
オリティの漫才ができるならば、また来年もチャレンジし
てほしいなと思います。(今回はM-1ならればの伏兵にや
られてしまいましたね)

それにしても、サンドイッチマンはこれから物凄く見る景
色が変わっていくでしょうね。(確実に。今現在、アパー
トで共同生活みたいで)最後にまた書きます。久々に"M-1
Dream"を見させてもらいました!!

posted by cozey at 23:14| Comment(0) | TrackBack(29) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。