2008年03月27日

桑田選手、引退。

ピッツバークパイレーツの桑田真澄選手が引退を発表しま
した。メジャー25人枠に入れなかったのが1番の要因だ
そうで。
桑田選手もとうとう引退という事に切なさを感じてしまい
ました。私の中での桑田選手と言えば、PL学園で清原選手
と旋風を巻き起こしていた頃。そして読売ジャイアンツ
主力投手として輝いていたのが印象的です。
途中、いろいろと問題を起こしましたが、私の中では名投
手桑田真澄は色あせる事はないです。

で、桑田選手の引退セレモニーはないんでしょうか?個人
的にはどこかでやってあげてほしいんですが。江夏選手の
引退試合を企画した事のあるNUMBERに期待するしかない
んでしょうか?

この桑田選手の決断に対して、清原選手は?と思ったのは
私だけではないはず。
最後に

  お疲れさまでした。  



banner2.gif

ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。


posted by cozey at 23:54| Comment(3) | TrackBack(3) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アフリカワールドカップ・アジア3次予選「バーレーン代表 vs 日本代表」

アウェーでの第2戦

      バーレーン代表1ー0日本代表

後半32分、左サイドからのイスマイン・ハサン選手のク
ロスを川口選手がパンチングをミス。詰めていたA・フバイ
ル選手が頭で決めて先制。

バーレーン代表、強かったです。事前のスポーツ新聞での記
事を読んだ限りでは、チャージが粗い、激しいと書かれて
いたんですが。ハードチャージだったという所よりも、ハー
ドプレスの方が印象に残りました。そしてカウンターが老
獪でした。日本代表がオーバーラップした所を上手く狙っ
て(ほとんど、左ウィングバックの安田選手の所を狙って
いたんですけど)仕掛けていた様に思いました。
後半10分の時点で、"引き分けでいいや"と思ってしまったし。
チャンスの数もバーレーン代表の方が多かったです。
前半25〜35分当たりバーレーン代表が何回もチャンス
を作ったんですが、よく持ちこたえたなと。(前半28分
のゴール前でイスマイル・ハサン選手が詰めていた時、何
故か中沢選手と川口選手がお見合いをしていた時は思わず、
"おい!!"と思ってしまったし)

日本代表のチャンスらしいチャンスって、後半24分の中
村(憲)選手のスルーパスを受けた駒野選手がクロスを上
げ大久保選手が飛び込んだシーンだけじゃないでしょうか?
正直あれは大久保選手、合わせて欲しかった!!

3次予選は2位までに入れば突破なんですが、最終予選で
のシードの事を考えるならば1位突破は是非ともなんです
よね!!となると、6月のオーマン代表2連戦は非常にキー
ポイントになってくると思います。
5月のキリンカップ(やりますよね?)でどこまでチーム
の成熟度が高まるかでしょうね。

最後にバーレーン代表がここまで強いとは・・・。予想外でした。


banner2.gif

ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。