2009年12月10日

「京都の紅葉」(Part.11)

ここから夜の部です。「夜の特別拝観」があるので行って
来ました!!で、今こんな所を歩いています。

09-kyoto-koyo-120.JPG

ちなみに今行こうとしている所は春の時奇跡を起こした「
平安神宮」
近くにあると思っていたら・・・。すぐ近くの
コンビニで立ち読みして場所を軌道修正したんですけどね。

続きを読む
ラベル:永観堂
posted by cozey at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AYUSE KOZUE「Simply Good」

DTM(デスクトップミュージック)の申し子の2ndアルバムです。

      AYUSE KOZUE「Simply Good」

Simply Good(DVD付初回盤)

1stアルバム「A♥K」の方向性を深化させた感じの内容とで
も書けばいいのでしょうか?ポップスとクラブミュージック
を上手くキュートにまとめあげていると思いました。
実は、「MUSICA(ムジカ)」のレビューと「JAPANESE
BRACK STYLE」のパン助さん
のレビューが真逆だったので
ちょっとドキドキしていたんですが。
ただ、このアルバムを聞き込むと、"もっと出来るだろ!!"
的な部分もあるのは事実なんですけどね。セルフプロデュー
スした作品(「ミッキーマウス・マーチ」「デリケートに好
きして」
)は、もっと針を振り切った感じがするんですが、
それを堪能した後に、このアルバム・先行シングルを聞くと
"優等生な感じ"がしてしまうんですよね。メジャーレーベルに
属している以上、商業的にならざるをえない部分はあるとは
思うんですが?
あといわゆる"プロデューサー:AYUSE KOZUE"から見て、
"シンガー:AYUSE KOZUE"はどんな風に写っているのか知
ってみたいんですが!?いわゆるシンガーとしてのAYUSE
KOZUE
って、私は結構クオリティーが高いと思うんですが?
もっとシンプルな音で、音数を減らした曲を聞きたいんです
けど。そういう意味では「When wish upon a star」が収録
されなかった事は非常に残念だなと。個人的にはピアノバラー
ドが非常に似合いそうな気がするんですが?

アルバムに収録されている曲の中で好きなのは、AYUSE KO
ZUE
のラップとコーラス部分、そしてトラックのギター音が
タイトル通りな「ヤミツキ」恋をしている心情を描いている
「un-controllable〜いつでも君だけ〜」パーティーチューン
「こよい君に恋をして」

聞き心地の良いアルバムだと思うし、前衛的な事もやってい
るとは思うんですけど、個人的にはもう少しアクセントとな
る、もしくはある意味異物感ある曲が欲しかった気がしまし
た。そう意味では、「When wish upon a star」が収録され
ていれば、個人的な評価としては上がっていた気が?
あと、自分自身の歌声をもっと評価しても良いと思いました。
(何か、素材の一部として扱っている感じが?本当に良い声
なのに・・・。)




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

ラベル:AYUSE KOZUE 音楽 music
posted by cozey at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。