2010年10月23日

セリーグ「クライマックスシリーズ」(ファイナルステージ)「中日ドラゴンズ vs 読売ジャイアンツ」(第4戦)

第4戦は中日ドラゴンズが(4ー3)で勝利し、「日本シリー
ズ」の切符を手に入れました。
それにしても終盤の読売ジャイアンツの粘りは凄かった!!
やるべき事はすべてやったと思ったんですけどね。いわゆる
1つの"ジャイアンツ魂"というものは見せつけたのではと。

今年の「日本シリーズ」は

    中日ドラゴンズ vs 千葉ロッテマリーンズ
   (セリーグ優勝)  (パリーグ3位)

という対決になりました。 


banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

posted by cozey at 23:47| Comment(0) | TrackBack(3) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィギュアスケート「NHK杯」(女子・フリー)

優勝したのはカトリーナ・コストナー選手でした。確か3年
前にも「NHK杯」を制覇した記憶
が?
フリーの演技は、柔らかい表情がとても印象的でした。
それにしてもコストナー選手がショート・フリーともノーミ
スで演技を終えたのは久しぶりの様な気が?
いつもショートは良くても、その後のフリーで大崩れという
パターンが多かったので。

2位はレイチェル・フラット選手でした。相変わらずダイナ
ミックなジャンプが印象的なんですが、なんか髪型・体型が
そういう物を彷彿とさせる感じの物があるからかもしれない
んですが、所々でマリリン・モンローを彷彿とさせる演技が
ありました。

3位は村上佳奈子選手でした。シニア初挑戦で表彰台は上出
来なのではないでしょうか?最初の"3回転ー3回転"のコンビ
ネーションジャンプが決まった時は、"これは良い所まで行く
かな?"と思ったんですが、その後のジャンプはほとんど失敗
してしまったのでは?演技がショートプログラムと違って、
壮大な感じの物でちゃんと演じられていたので、次に期待です!!

アシュリー・ワグナー選手も表現力、そして演技力は良かっ
たんですが、ジャンプが着氷には成功しているんですが、ち
ょっと危なかしかった。

キャロライン・ジャン選手の演技は、ショートプログラムで
も思った事なんですが、大人への階段を昇っている感じの様
に思いました。それにしてもジャン選手もジャンプを立て直
している最中みたいなんですが、1つ失敗していく度に演技
に精彩を欠いている様に思えてしまいました・・・。

注目の浅田真央選手の演技なんですが、その頃までに家に帰
れなかったので・・・。


banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

posted by cozey at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィンタースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。