2012年09月23日

「続々、東京見聞録」(Part.1)

ただいま「三ノ宮駅」です。

12-sum-tokyo1.JPG


続きを読む
posted by cozey at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6回の集中打で逆転!!

タイガース、勝利です!!(5ー2)
6回裏の集中打が効きました!!あと森田選手もタイムリーヒ
ットを放ったみたいで。残り試合にどれだけ使ってもらえるか
分からないけど頑張ってもらいたいです!!そして抑えは筒井
選手が務めるのかな?残り試合は。


banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

posted by cozey at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 虎&鴎(2012 Ver.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「キングオブコント2012」

今年の「キングオブコント」(KOC)を制覇したのはバイきん
ぐでした。
VTRの応援コメントで伊集院光さんが「チャンスさえあれば輝
く」という言葉があったんですが、そのコメント通りの結果に
なったのではと。
それにしても設定がすざましかったなと。1本目の設定は学校
かな?と思ったら、まさかの自動車学校。そして2本目はまさ
かの性転換ネタを。あと小峠さんのツッコミがとても的確だっ
た、漫才並に!!というよりボケで笑いをとっていくコントで
はなく、ツッコミで笑いをとっていくコントの様に思いました。
個人的には1本目のエアバックが6個もという所のツッコミが
とても好きでした!!
それにしてもここまで無名なコンビがこういう大会で勝ち上が
っていくのって、Mー1で敗者復活で優勝したサンドウィッチ
マン以来!?
と思ってしまいました。

2位はさらば青春の光でした。1本目は家に帰れてなかったの
で見れなかったんですが、2本目の公園で休憩しているサラリー
マンが転んだ子供に対して"痛いの痛いの飛んで行け"ですか。
あれをしたら痛みが飛んで行く→調子に乗って子供を痛めつけ
る→他の子供でも効くのかどうか試したくなってしまい、痛め
つけた子供に対して"ツバでもつけとけ"と言う→ツバをつけた
ら痛みが治る事に気づいた子供→そこからバットを持ってサラ
リーマンを痛めつける→サラリーマンは"いたトン"という短縮
言葉で対抗→最終的に心に痛みを持たせる言葉で大人をやっつ
けてしまうというコントなんですが、ある意味お笑い用語で"テ
ンドン"ですか。それが非常に面白かった!!あと"いたトン"と
いうフレーズがとてもキャッチーだった。

しずるは2本目に関してはさらば青春の光とネタが被ってしま
った気が?いわゆるちょっとした事でびっくりしてしまうリア
クションを取ってしまう所が。それの"テンドン"でしたし。
1本目は超能力者が出会うというコントかな?これもある意味
で"テンドン"なネタだった気も?悪くはなかったし面白かった
けど、個人的にはちょっと点数が高いと思ってしまいました。

1本目のコント(途中から見たんですが)を見た中で1番安定
感があり優勝するかな?と思ったのがかもめんたるでした。
2回目の覇者東京03
を彷彿とさせる様な演劇チックなとでも
書いた方がいいのでしょうか?良い意味で肩肘張らない所が個
人的に好きでした。かもめんたるは2本目のオチがもっと良け
れば点数もっと取れたかも?と思ったんですけど。

うしろシティは1本目終わった後、松本人志さんから「上手か
った」という発言があったので、どの辺りかな?とちょっと思
っていたんですが、演技力というかコントの世界に引っ張り込
むというかそんな所なんだろうなと。両方とも設定が"対比"がキー
ポイント(1本目は両方とも転校生・2本目は半年振りに外出
許可をもらった子供の入院患者とヤンキー)だったんですが、
個人的にはもうちょっと違う設定でのコントが見たかったかな?

設定と言えば夜ふかしの会の設定もどちらもキーポイントは"席"
(1本目は学級会・2本目はカラオケ)だったんですが、1本目
のネタはもうちょっと点数取るかな?と思ったんですが。あと
鬼頭真也さんは「Rー1ぐらんぷり」の決勝進出していた記憶が?
(確かフリップ芸をやっていた記憶が?)

トップリードは2本目しか見ていないんですが、一言で書くと
するならば、散々な結果(まさかの600点台)になってしま
ったんですが、なんだかんだ言って2年連続で決勝進出ですか
ら。彼らに敗れた人間が目の前に・・・。

銀シャリも2本目しか見ていないんですが、橋本さんのつっこ
みで笑いを取りに行きたかったのかな?と。所々面白フレーズ
な突っ込みはあったんですが、空回りしすぎていた気が?

今回のKOC、1番印象に残ったのは優勝したバイきんぐもそう
だったと思うんですが、設定のキーポイントは2本とも同じと
いう組が半数弱いたという事と、あと松竹芸能勢が大健闘して
いたという事でしょうか?うしろシティは煽りVTRで松竹所属
とナレーションしていたんですが、さらば青春の光のコントを
見ている時、"確かこのコンビも松竹だった気が?"と。
それにしてももしどちらかが優勝していたらTKOはちゃんと祝
福(確か卑屈の固まり[爆]だった記憶が?)してあげたので
しょうか?

3つある大型賞レースですが、その中でも運や勢いだけでは取
れない"己の実力"でしか取る事ができないKOCで優勝したんで
すから、バイきんぐの力は本物だろうと。ただこの3つの賞レー
ス制覇したからといってブレイクするか!?と問われればそれ
はまた別のお話だろうと。有名になるためのチケットは手に入
れたと書いた方が正解かな?

最後に小峠さんの目つきですか?かつての雨上がり決死隊の宮
迫さんを彷彿とさせる感じがしたのは私の気のせいなんでしょうか?
posted by cozey at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。