2013年01月08日

「かこも」@JR住吉

「関西酒場放浪記」9店目は「かこも」にやってきました。
こちらもお気に入りのお店です。

続きを読む
posted by cozey at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋&バー&バル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

COMA-CHI「Golden Source」

インディーズに再転向後、初となるフルアルバムです。

      COMA-CHI「Golden Source」

GOLDEN SOURCE / COMA-CHI (CD - 2012)

インディーズになって以降、生バンド中心のライブをやって
きたというのは知っていたので、アルバムの方もトラックで
はなくバンドになるんだろうなと思っていたので、そこに関
する衝撃というのはなかったんですが、1曲目の「Flower O
f The Sun」
でガツンとやられてしまいました。"これは凄い"
と。あと全体的に1曲の中でめまぐるしくラップパートと歌
のパートのチェンジが激しかった印象を持ちました。"歌う様
にラップする。ラップする様に歌う"なのかな?と。そしてこ
れはソロアーティストのアルバムでは普段思わない事なんで
すが、バックバンドのグルーヴが非常に良いですよね!!と
ても熟成されている感じが。あと「Return Of the Bad Girl」
のリリックが、日本の政治に対する風刺を行っているのと同
時に、インディーズで音楽活動をやっていく決意表明・喜び
みたいなものを表明している様に思いました。
そして個人的には非常に楽しみにしていた韻シストとをfeat.
した「Funky Source」非常に良かったです。これはNEXT
が聞きたいなと。

前作「Beauty or the Bast?」を聞き終わった後に感じた事
は、"COMA-CHIは歌とラップどっちをメインでやっていくん
だろう?"と。それだけCOMA-CHIは"歌もラップも非常にレベ
ルが高い"と思うんですが。結果、このアルバムを聞いた感想
は"歌もラップも両方やっていきたいんだな"と。良い意味でご
った煮状態なスタイルが非常に印象的でした。このスタイル
COMA-CHIにしかできないある意味only oneなスタイルだと。

COMA-CHIの水を得た魚の様なflow&sing+バックバンドの
非常にグルーヴィーなサウンドがとても素敵な科学反応を起
こしたファンクアルバムに仕上がった様に思いました。(次
のアルバムをこのスタイルでやって欲しいな〜)




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

ラベル:COMA-CHI 音楽 music
posted by cozey at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする