2015年03月27日

Dragon Ash「THE FACE」

書くのが遅くなってしまったんですが。

Dragon Ash「THE FACE」

THE FACES【初回限定盤】 - Dragon Ash


正直このアルバムを非常に楽しみにしていたというか。先行
となる4枚のシングルを聞いた時”ラップではなく歌もの”そし
て”日本語曲”だった事に。それを聞いて”降谷君もようやく日
本語でハードコア/メロコアをできる様になったか”と少しだ
け遠い目をしてしまったんですが。
なのでアルバムを非常に楽しみにしていた訳なんですが。
ミクスチャーな曲もあるんですが、基本的に降谷君の”情緒的
でどこか哀愁感を感じさせるメロディーライン”を堪能できる
アルバムになっているなと。そして歌詞が基本的に日本語で
まとめてきているなと。これ3ピース時代だと”英語に逃げて
いた”だろうなと。あとはモードが「Lily of da Valley」ぐら
いに戻ったのかな?と。ZEEBRA「公開処刑」される以前に。

一度は味わってみたかった”マイクロフォン片手にライムフロ
ウを操るKj
”ではなく”ロック/メロコアサウンドで感情を叩き
付ける&高らかに歌う降谷建志
”を堪能できたんですが、その
状態に戻る事と引き換えに、ベースの馬場育三が天に召され
てしまったのかな?と思ったら、それは降谷建志そしてDrag
on Ash
というバンドというストーリーからすれば、とても切
なく儚い事であり・・・。




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

ラベル:Dragon Ash music 音楽
posted by cozey at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。