2010年02月08日

安室奈美恵「Past<Future」

遅れてしまいましたが・・・。
 安室奈美恵「Past<Future」

PAST<FUTURE

まず一通り聞き終わった感想はというと、歌声が"情感があ
り、艶やかでとても骨太な感じ"がしました。
SUITE CHIC以降、R&Bへ舵を切った安室奈美恵なんです
が、完璧にR&Bという色彩をきちんと着こなせる様になっ
た事に、思わず遠い目になってしまいました。
特に歌声に関しては、R&Bをやり始めた当時の感想が"DO
UBLE
を水で薄めた感じ"だったんですが。
収録曲に関しては、私的には全曲捨て曲なしなんですが、
あえて1曲挙げろというなら「COPY THAT」ですかね。
トラックが非常に良いんですよ!!この曲は2曲目に収録
されているんですが、これからの曲達に・そしてこの曲を
聞いていると非常にワクワクする・させてくれるトラック
なんですよ!!

「Queen of Hip-Pop」を聞いた時の1つの感想として、
"何故、R&BDIVAで1番尖っている事をやっているのが安
室なんだ!?"という感想を持っていたんですが、その当時
よりもさらにPOPでキャッチーな感じになってしまった(
アンダーグラウンドに行けば話しは違ってくるのかもしれ
ないんでしょうけど)気がするんですけどね。

あと素晴らしいアルバムだったとも思うんですが、まだま
だ"R&BDIVA安室奈美恵"のポテンシャンは全開になってい
ない気もするんですよね。どこまで進化&深化するんだろうと。

今後にも非常に期待(ハードルはその分上がってしまうん
ですが)です!!


banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

posted by cozey at 23:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

HIRO:N「DoggyBocca」

配信とはいえこの名義では久しぶりのリリースです。

     HIRO:N「DoggyBocca」

コロンビアワーナーに移籍した時はびっくりしたんです
が、それ以上に「Mangosutana」がえらいオーガニック方
面に(確かorange pekoeをやっている人が関わっていた
記憶が?)なっていた事にびっくらこいてしまったんです
が・・・。

その後、音信不通になってしまったのでどこに行ったのか
な?と思ったら、2007年にHiroko Nakajimaとして
「Hello Singing Bird」をリリース。
これからはHiroko Najimaでやっていくのかな?と思った
ら、H ZETT M「ダイキライ」



でfeat.され、この時に再びHIRO:N(確かH ZETT Mサイ
から、"HIRO:Nでお願いしたいんですけど"という記事を
ネットで読んだ記憶が?)に変更。

あとは藤澤志保「Happy HOUR」



にfeat.されたりしていたので、いつHIRO:N名義で作品を
リリースするのかな?と思っていたんですが。

久しぶりなリリースとなった「DoggyBocca」なんですが、
エレキギターの跳ねたリズムに乗せてけだるい感じで歌っ
ているんですが、HIRO:N名義第1弾としては良い出だしな
んではないでしょうか?久しぶりにHIRO:NのR&Bな曲を聞
けたという満足感があります。

あと歌声が「マーガレットが似合う女の子」



から「深紅の薔薇が似合う女性」になった感じがします。

私がhiro:n(この当時は小文字)を好きになったのは、鼻に
かかった高音が個人的に萌え(爆)だった事。
あとhiro:nがメジャーレーベルで頑張っていた時のR&Bシー
ン(いわゆるDIVAブームの時)は、まずDJスタイルな感じ
のサウンドが多い中、生音スタイル(ちょっとレトロという
かオールドスタイルとでも書いた方がいいのか)だった所が
非常に印象的だったんですよ!!
この当時、生音スタイルって、男性を含めたらSkoop on S
omebody
くらいしか思いつかないな〜。

ちなみにHIRO:Nは今年デビュー10周年。それに伴って毎月
配信でリリースしていくみたいです。
個人的にはこっち方面でライブをしにきてくれると嬉しい
んですが、それは贅沢かな?


banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

ラベル:hiro:n 音楽 music
posted by cozey at 20:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

wyolica「サヨナラ」

配信・通販・ライブ会場限定シングルです。

        wyolica「サヨナラ」

表題曲の「サヨナラ」は、彼氏が他の女性と遊んでいるの
を知りながら、まったく知らないふりをしている感じの歌
詞世界の様に思いました。wyolicaが得意としている切ない
世界を描いていると思います。
個人的に驚いてしまったのは、いわゆるc/wの2曲。
「ミュージックライダー」は、ここまで針を振り切ったロ
ックチューンは初めてなのではと。というよりso-toってこ
んなに弾けたメロディーを書ける様になったんだと。そこ
に1番驚いてしまいました。あと2番の歌詞に関してもち
ょっと驚いてしまいました。
もう1つの「逢いたいから」これはアコースティックギター
だけで歌っているんですが、こちらの方はwyolicaとしては
初めてと書いても過言ではない、とても"淡い"世界観がとて
も印象的でした。好きな人と一緒にいる時のドキドキ感・
好きな人と別れた後の寂しい感じを、とても甘酸っぱい感
じで表現している所がとても良いんですよ!!
ライブ会場&通販の方では「僕は忘れない」のFolky Ver.
が収録されています。

表題曲の「サヨナラ」は、いわゆる"ファンが望んでいる(
だろう)wyolica"な感じの曲だったんですが、個人的には
c/w2曲の弾け具合が非常に良かったと。
5月くらいにリリースされるのかな?そのアルバムが楽し
み(いわゆるwyolicaらしくない曲がどれだけ収録されるの
かが)になってきました!!


banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

ラベル:wyolica 音楽 music
posted by cozey at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

中西保志「メロディーズ」

珠玉のバラード職人のアルバムです。

      中西保志「メロディーズ」

メロディーズ

まず感想を一言でまとめろというなら、"またカバーか・・・。"
になってしまうんですよね。「Standards」3部作って何?
と聞きたくなってしまうんですよ、これ。メジャーレーベ
ルで作品をリリースさせてもらえるチャンスを頂いたと好
意的に捕らえなければいけないんでしょうけど。年始のラ
イブ
で、「次はオリジナルを期待しています」と言った手
前、非常に残念だと。
このアルバム最大の聞き所は「最後の雨」のアンサーソン
「Another Rain」でしょう!!「最後の雨」の女性目線
での世界というのはどういうものなのか楽しみにしていた
んですが。つき合っていた男性の愛の重さに耐えかねて、
その男性を裏切ってしまったという感じの世界の様に思う
のですが、これって確か作詞している人って確か違ってい
た気がするんですが?愛していた男性の事を裏切りたいん
だけど、そういう気持ちにはなれない感じがよく表現され
ていると思いました。
もう1曲のオリジナルの「涙が止まるまで」も良い曲だと
思います。好きな人とそっと寄り添うというか、温もりを
そっと優しく包み込むという感じのする曲の様に思います。
聞けば聞く程、味が出てくるタイプ(スルメソング)な感
じの曲の様に思いました。

この2曲を聞いて改めて思った事は、フルじゃなくても良
い。ミニでも良いからオリジナルアルバムをリリースさせ
てやってくれ、徳間ジャパン!!と言った所でしょうか?
大人のラブ(失恋)ソング集というコンセプトでもいいの
で。




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

posted by cozey at 23:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

AYUSE KOZUE「Simply Good」

DTM(デスクトップミュージック)の申し子の2ndアルバムです。

      AYUSE KOZUE「Simply Good」

Simply Good(DVD付初回盤)

1stアルバム「A♥K」の方向性を深化させた感じの内容とで
も書けばいいのでしょうか?ポップスとクラブミュージック
を上手くキュートにまとめあげていると思いました。
実は、「MUSICA(ムジカ)」のレビューと「JAPANESE
BRACK STYLE」のパン助さん
のレビューが真逆だったので
ちょっとドキドキしていたんですが。
ただ、このアルバムを聞き込むと、"もっと出来るだろ!!"
的な部分もあるのは事実なんですけどね。セルフプロデュー
スした作品(「ミッキーマウス・マーチ」「デリケートに好
きして」
)は、もっと針を振り切った感じがするんですが、
それを堪能した後に、このアルバム・先行シングルを聞くと
"優等生な感じ"がしてしまうんですよね。メジャーレーベルに
属している以上、商業的にならざるをえない部分はあるとは
思うんですが?
あといわゆる"プロデューサー:AYUSE KOZUE"から見て、
"シンガー:AYUSE KOZUE"はどんな風に写っているのか知
ってみたいんですが!?いわゆるシンガーとしてのAYUSE
KOZUE
って、私は結構クオリティーが高いと思うんですが?
もっとシンプルな音で、音数を減らした曲を聞きたいんです
けど。そういう意味では「When wish upon a star」が収録
されなかった事は非常に残念だなと。個人的にはピアノバラー
ドが非常に似合いそうな気がするんですが?

アルバムに収録されている曲の中で好きなのは、AYUSE KO
ZUE
のラップとコーラス部分、そしてトラックのギター音が
タイトル通りな「ヤミツキ」恋をしている心情を描いている
「un-controllable〜いつでも君だけ〜」パーティーチューン
「こよい君に恋をして」

聞き心地の良いアルバムだと思うし、前衛的な事もやってい
るとは思うんですけど、個人的にはもう少しアクセントとな
る、もしくはある意味異物感ある曲が欲しかった気がしまし
た。そう意味では、「When wish upon a star」が収録され
ていれば、個人的な評価としては上がっていた気が?
あと、自分自身の歌声をもっと評価しても良いと思いました。
(何か、素材の一部として扱っている感じが?本当に良い声
なのに・・・。)




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

ラベル:AYUSE KOZUE 音楽 music
posted by cozey at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

柴田淳「ゴーストライター」

孤高のバラードシンガーの最新アルバムです。

      柴田淳「ゴーストライター」

ゴーストライター

これは前作「親愛なる君へ」でも思った事なんですが、今
作も良い意味で"リスナー&ファンが望む柴田淳"な感じのア
ルバムに仕上がっていると思います。これは私は褒め言葉
のつもりで書いているんですが、非常に良い意味で地味な
アルバムに仕上がっていると。豊潤という言葉が非常に似
合うアルバムと言っても過言ではないくらいに。

あと今回のアルバムはしばじゅんのセルフプロデュースな
んですね♪そこも驚きといえば驚きなんですが。それとア
レンジの大半をしばじゅんにオルタナティブロック適正が
あるという事を世間に知らしめた松浦晃久さんがしていた
事にびっくりしてしまいました!!1曲目の「救世主」は、
オルタナフレーバーが少し感じられるんですが。

1番印象に残ったのは「うちうのほうそく」でした。この
曲のアレンジはしばじゅんにとって"永遠の白馬の王子様"な
塩谷哲a.k.a.SOLTだった訳なんですが、SOLTアレンジ
から当然ピアノバラードだと思っていたら、聞こえてきた
のはウクレレな感じの(マンドリンだそうです)音色が終
始鳴り響いていた事におもいっきり意表をつかれてしまい
ました!!例えるならば"闇夜を1人で歩いている時、背後
から突然鉄パイプで殴られた"様なあの感覚とでも書けばい
いのでしょうか?SALT=ピアノというイメージがあったの
で、えらい贅沢というかもったいないというか(曲自体は
非常にブルージーな感じが非常に好きなんですけど)そん
な気がするんですが?

あと個人的に好きなのは、極上のポップソングに仕上がっ
ている「透明光速で会いに行く」しばじゅんの真骨頂"重い
世界観の曲を重い歌声"で歌う「蝶」ピアノの音色に乗せて
幸せになりたいという強い決意感が感じられる「幸福な時間」

このアルバムにはロックやヒップホップ、そしてレゲエの
様な刺激的なサウンドというものはないし、前衛的な姿勢
というものもないんですが、ロックやヒップホップ、レゲ
エではなし得る事ができない、バラード&ポップスだから
こそ表現できる豊潤さ&成熟さがこのアルバムには感じら
れます!!

このアルバムは柴田淳にとって最高傑作になったんじゃな
いでしょうか?これは言い切れる!!今が1回目の旬(2
回目がある事を強く望みます!!)だと思うし、ある意味
脂の乗り切った状態なのかな?と。"柴田淳、今が旬!!
どさくさにまぎれて韻を踏んだんですが)"だと。




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

posted by cozey at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

BENI「Better&Sweet」

改名後初アルバムです。

        BENI「Better&Sweet」

Bitter&Sweet(初回限定盤)(DVD付)

「Kiss Kiss Kiss」の時のレビューでも書いたんですが、この
人の存在は本名時代から知っていたんですけどね。本名時代
はまったく興味なかったんですが・・・。
このアルバムを聞いた感想を一言で書くと、"今まで舐めてい
て悪かった"&"食わず嫌いは駄目だな"と。
歌声からして、いわゆるミドルテンポで緩い曲が非常に似合
うというのは分かっていたんですが、個人的には「Anythin
g Goes!!」「stardust」「GO ON」
の様なアップテンポの曲
の方が非常に印象に残りました!!というより、両方とも似
合っていた事に驚いてしまいました。

アルバムに収録されている曲の中で1番好きなのは「抱きし
めて」
ほどよい体温で揺らさせてくれる感じが良いんですよ
ね。童子-Tの声色のトーンも曲の世界を壊さない感じが非常
に(HipHopリスナーからは結構批判が[セルアウトしたそう
で]あるみたいで)良いです。

いわゆる"middle&mellow"な感じのアルバムだと思います。
冬に向けて重宝しそうだな、このアルバム。




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。


ラベル:BENI music 音楽
posted by cozey at 22:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

RYUKYUDISCO「Pleasure」

テクノ×琉球民謡な双子兄弟の最新アルバムです。

     RYUKYUDISCO「Pleasure」

pleasure(初回生産限定盤)(DVD付)

このアルバムを一言で片付けるとするならば"RYUKYUDIS
CO
版歌ものアルバム"とでも書いた方が正解かな?インデ
ィーズ時代のものを含めたアルバムの中でも1番聞きやす
い&取っ付きやすいアルバムだと思います。
ただ、その分ちょっとポップすぎるという気もしなくはな
いんですが。1番最初に書いた様に"RYUKYUDISCO版歌も
のアルバム"なんですが、聞いていて1番印象に残ったのが、
インストゥルメンタルな「てくのnoひみつ」というのは・・・。
個人的に"テクノ×琉球民謡"だし、枠を突き破っている感じ
がこの曲から感じられたので。
あとはりんけんバンドをfeat.した「ARIGATO」も非常に
良かったです。
歌もので良かったのは城南海(kizuki minami)をfeat.した
「MOTHER」多和田えみをfeat.した「てぃんさぐぬ花」
しおりをfeat.した「ハイビスカス」

ポップな事を否定する気はないんですけどね。ちょっとあ
まりにも分かりやすすぎる気がちょっとしてしまいました。
琉球民謡の謳い手さんを3曲くらいfeat.するか、「夢のfe
tear」
クラスの曲があれば、評価ががらりと一変したんだ
ろうなとは思います。

RYUKYUDISCOの入門編としては最適かな?


banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。



ラベル:音楽 music RYUKYUDISCO
posted by cozey at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

西野カナ「もっと・・・。」

着うた世代の歌姫だそうです、

       西野カナ「もっと・・・。」

もっと・・・

各種音楽メディアにおいて、"着うたの歌姫"というのを報じ
られていた&やっているのが切ない系の曲だそうなので、
"切ない歌フェチ"の私からしたら大好物(爆)な感じのアー
ティストなので興味を持ったんですが。歌詞世界は、自分
の想いがなかなか伝わらない感じで、2人の温度差にいら
だちを感じている感じなのかな?
サビは"切ない歌フェチ"な私的にはグっときました。あと
歌声自体も切ない曲に適正(ファルセットが特に良い!!)
があっていいと。
その一方でAメロ・Bメロの歌詞ですか?なんか拙い感じが
したんですけどね?自分の言葉で、そう感じて書いたとは
思うんですけど。サビの部分の歌詞が良かっただけに。私
の感性がないだけなのかもしれないんですが、Aメロ・Bメ
ロとサビの歌詞がリンク出来なかった・・・。あとサビの
部分で所々聞こえてくる(Hey let's go)のっているのかな?
という微かな疑問が?

1番最初に切ない曲に適正があると書いたんですが、その
一方で切ない曲調に不可欠な情感というものがあまり感じ
られなかった・・・。さっき書いた、Aメロ・Bメロとサビ
の部分の歌詞がリンク出来なかった部分、情感を込めて歌
っていたらある程度はカバー出来た気が?左耳から入った
曲が右耳にス〜と抜けてしまう感覚に陥ってしまうんです
よ、心に残らずに・・・。良くも悪くもlightだから、いわ
ゆる携帯(で主に音楽を聞く人にとって)世代にジャスト
フィットしたのかなと。

聞き込めば味が出てくるタイプ(いわゆるスルメソング)
の曲なのかもしれないんですが。シンガーとしては充分に
ポテンシャンルを感じさせる歌声だと思うし。個人的に
は歌詞は誰かに書いてもらったもの(もちろん切ない系
を)を聞いてみたいなと。




          −追記−

西野カナの歌っている姿を見ていたら、誰かに似ている!!
と思って考えていたら、竹中麻実子とそっくりだな!!と。
ちょっとポッチャリ体型な所も。せっかくなので竹中麻実子
の動画も貼ってみました。(ちなみに「月と夕日」という曲
です)





banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。


posted by cozey at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

平井堅「Candy」

ちょっと遅くなってしまったんですが・・・。

         平井堅「CANDY」

CANDY

平井堅と言えば、「瞳を閉じて」を代表される様なバラー
ドソングが印象的なアーティストなんですが、私はどっち
かと言えば「Strawberry Sex」とか「fake star」の様な
アップテンポ系の方が好きなんですが。だから「POP STA
R」
が売れた時は自分の事の様に嬉しかったです!!"やっと
アップテンポの曲が売れた!!"と。
で、今回の「CANDY」は一言で終わらせるとすれば、妖し
げなエロファンクチューンな訳なんですが、これ歌詞だけ
を聞いたら、結構えぐい事書いている気がするんですが、
平井堅のいい意味で"透き通った淡い歌声"で歌うと、"セクシー
だな"と。いやらしく聞こえない所が、平井堅の1つの持ち
味かなとも思ってしまう訳なんですが。

平井堅のfavoriteの1人として岡村靖幸がいるんですが、
ある意味で岡村ちゃんを彷彿とさせる様なエロファンクだ
ったと思います。岡村ちゃん不在で心の拠り所を探してい
た私からしたら、心の傷を上手く埋めてくれたかの様な。
(ただ、その一方で岡村ちゃんの代わりを平井堅に求める
のは間違いだとは自覚しているんですけどね。岡村ちゃん
のファンクは粘っこくて濃い変態チックなので)

この曲を聞いていたら、何故か"岡村ちゃん、元気にしてい
るかな?"とも思ってしまいました。(もうすぐお務め終了
なはず)




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

ラベル:平井堅 音楽 music
posted by cozey at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

Perfume「凵iトライアングル)」

非常に今更感漂うものなんですが・・・。

    Perfume「凵iトライアングル)」

トライアングル(通常盤)

全体的にキャッチーでポップな感じと硬質なエレクトロな
サウンドとが上手い事融合している気がしました。前作の
「GAME」はクラブサウンドとしてもポップスとしても中
途半端という感じがしたんですが、今作は良い意味でメロ
ディが耳に残るというか、中毒性があるというか。また聴
きたいなと思わせてもらえます。ただその一方でブレイク
して以降ファン&リスナーになった人達・もしくは大衆に
合わせすぎた気もしなくはないんですが・・・。その結果、
いわゆるテクノ歌謡になってしまった気がしてしまうんで
すが・・・。
テクノ歌謡と書いている割には、「NIGHT FLIGHT」「I S
till love U」「The best thing」
が好きなんですけどね。(爆)
あとハードコアな「edge」「Speed of Sound」もお気に
入りなんですが。

あと、このアルバムの3人のエフェクトがかかっている歌
声を聴いているとこんな事も思ってしまいました。"声優さ
んが歌っているみたい"だと。元々の歌声もそうなのかもし
れないんですが、"甘くて舌足らずなメルヘン"を感じてしま
ったんですよ!!それが悪いとは思わないけれど、個人的
には"懐かしいな〜(爆)"と。メロディーがキャッチーに
なったからそういう風に思ったのかもしれないんですが。

最後に「願い」のAlbum mixを聴いていると、天才菅野よ
う子
と1回本当にやってみて欲しいなと。私はPufume
菅野よう子は相性抜群だと思うんですけどね。




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

ラベル:音楽 music Perfume
posted by cozey at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

Hi-Prix「涙色〜好きになって、よかった〜feat.加藤いづみ」

「Japanese Black Style」のパン助さんに教えてもらった
曲です。

Hi-Prix「涙色〜好きになって、よかった〜feat.加藤いづみ」

涙色〜好きになって、よかった〜(初回生産限定盤)(DVD付)


この曲は加藤いづみ「好きになって、よかった」をサン
プリング。



最初聞いた時は思春期の淡くて切ない恋心を歌っていると
思ったんですが、じっくり聞いてみると追いかける(隣に
いる)事ができなくなってしまった心情を歌い上げている
気が?つき合ってはいたんだけど、好きだったのは私だけ
だったみたいな。

この曲の存在はたまたまブログ検索で"加藤いづみ"で調べて
いた時に、「コンビニで加藤いづみの"好きになって、よか
った
"が流れてきたと思ったら、違う感じに仕上がっていた」
という記事を読んでなんですが。
で、検索サイトでさらに調べて行ったら、Hi-Prixが"「好きに
なって、よかった」
をサンプリングした曲をリリースする
事を知ります。

これを知った時、"ヒップホップから1番遠い事をしている
アーティスト(アコースティックを軸とした)の曲をよく
サンプリングする気になったな〜"と感心したのと同時に、
3曲目をDJ KAORIがRemixする事を知って、絶対に交じり
合うはずのない加藤いづみDJ KAORIが交じり合うという
事にとても興奮してしまいました。

で、Hi-Prixの過去の楽曲を動画サイトで聞いてみたら、な
んかHALCARIみたいな感じ("「太陽にほえろ」をサンプリ
ングした曲かな?)だったので、"「好きになって、よかっ
た」
から、どうやってラップするのかな?と思ったら、ラ
ップ(風)をしたのは、2番の最初だけですか・・・。
正直言ってちょっと拍子抜け&期待が外れてしまったんで
すが・・・。
ただきちんと「好きになって、よかった」のサウンドがヒ
ップホップトラックになっていた所は"すげぇ〜"と思ったん
ですけどね。

歌詞自体はけして悪くはないと思うし、「好きになって、
よかった」
をネタとして選んでくれたレコード会社スタッ
フさんには、加藤いづみのいちファンとしてはお礼を言い
たい(取り上げてくれて)んですが、「好きになって、よ
かった」
をサンプリングとして使用しなくても良かった気
が?合っているのは"切ない"だけで、あとはまったく被って
いない気が?加藤いづみ「好きになって、よかった」は、
歌の情感&リスナーの心境次第という部分もあるんですけ
ど、"過去の恋にピリオドをうって、新たなるスタートを切
ろう"と受け取る事が出来るんですが、「涙色〜好きになっ
て、よかった」は、どっからどう聞いても"私、好きな人に
振られてしまって、これからどうしたらいいの?分からな
い・・・。」という絶望としか受け取る事ができない・・・。

歌詞自体はけして悪くはないと思います。ただ「好きにな
って、よかった」
をサンプリングではなく、オリジナルの
R&Bのトラックの方が良かった気がします。(ちなみにい
づみさんの感想はこんな感じです)




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

ラベル:Hi-Prix 音楽 music
posted by cozey at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

VOLA&THE ORIENTAL MACHINE「SA-KA-NA- ELECTRIC DEVICE」

メジャー1stアルバムだそうです。

VOLA&THE        「SA-KA-NA-
   ORIENTAL MACHINE   ELECTRIC DEVICE」

SA-KA-NA ELECTRIC DEVICE

新ギタリスト楢原英介が加入して初めてリリースされたア
ルバムなんですが、ちょっと私が想像していたものとは違
った感じが?もっと枠を突き破った感じのキ△☆イじみた
ニューウェーブ(踊れるロックですか)を期待したんです
が、どっちかというと地味めなギターロック寄りな作品に
なった感じがします。個人的にはアヒトイナザワの狂った
様な弾けっぷりが堪能できなかったのは非常に残念なんで
すが、そのキ△ガ●じみたサウンドを取り除いたら浮かび
あがったのはアヒトのメロディーセンスとでも書けばいい
のでしょうか?とてもキャッチーで耳に残るメロディーラ
インだったのが印象に残りました。
過去3枚の(ミニ)アルバムが、▽チガ●じみたサウンド
と時折聞こえるアヒトの奇声が1番印象に残ったアルバム
とするならば、このアルバムは歌(歌詞)を聞かせようと
している感じが非常にします。
果たして次のアルバムもこの路線を突き進むのか?それと
も、再び枠を突き破った形のニューウェーブを進(深)化
させるための新機軸(高く飛ぶための)なのか?
ある意味で、これからの岐路に立ったアルバムの様に感じ
ました。





banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

posted by cozey at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

石野田奈津代「60億の涙」

メジャー再デビューアルバムです。

       石野田奈津代「60億の涙」

全体を通して切ない色彩で彩られたアルバムの様に思いま
した。まるでなつのキャッチフレーズである"女を泣かせる
"をなぞるかの様に。
切ない色彩と言えば「ひまわり」以来となるアルバム「わ
たしのうた」
でもそういう風に感じたんですが、「わたし
のうた」
では、なつはリスナーのハートに向けて歌をぶつ
けている&投げつけている印象があるのに対し、この「6
0億の涙」
はリスナーのハートに優しく染み込ませる感じ
で歌を届けている感じがしました。
あと「わたしのうた」から、歌声が変わった気もしました。
なつ本来の伸びやかで透明感溢れる歌声が戻ってきたと思
います。

個人的には年相応な恋愛模様を描いた「恋人」作られた当
初はメジャーレーベルに対してのこんちくしょう節だった
のが、このアルバムの収録曲順に聞いていくと、これから
の音楽活動に対する決意表明の様に聞こえた「波瀾万丈」
そして"忘れられない恋"をテーマにして製作された「永遠」
が印象に残りました。

アルバム自体はとても良い出来だと思うし、何回でも聞き
たいと思える物に仕上がっている様に思うのですが、なん
か"女を泣かせる女"というコンセプトに沿って製作された様
な感じが見え隠れしてしまう気が(メジャーレーベルで活
動していく以上はある程度は仕方ない事なのかもしれない
んですが)するんですが?

個人的にはなつ特有の恋をする事に対するドキドキ感・ワ
クワク感を描いたアップテンポな曲が1つでもいいから欲
しかったかな?




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。


posted by cozey at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

加藤いづみ「Request」

ライブCD第6弾です。

        加藤いづみ「Request」

このライブCDは1/24の「渋谷Duo Music Exchange」
の音源をパッケージ。
まずはやっと「坂道」が収録された!!と。ずっとライブ
でやっているんですが、何故かこの「坂道」が収録されな
かった事に「???」だったんですが。
あとは「切なく青い空のページ」「アイツに会ったら」
が収録された事も非常に嬉しかったです。
で、この音源を収録されたライブはタイトルにもある様に
"リクエストライブ"なので、そのライブならではの曲が収録
されていると思います。個人的には「メロディ」をやった
事に驚いてしまったというか、私もライブで聞きたかった!!
と思わず声を大にして叫んでしまいそうになりました。
ちなみにこの「メロディ」を歌っている時は、母目線で歌
っていた気がしてしまいました。

全体を通して、いづみさんらしい"目をつむると底に風景が
見えてきそうな"感じの歌声に仕上がっていると思います。
早くこっちにも来てもらってライブをしてもらいたいんで
すけどね。(まだ無理かな?)




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

posted by cozey at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

石野田奈津代「永遠」

メジャーレーベル復帰第2弾シングルです。

        石野田奈津代「永遠」

永遠

久しぶりに表題曲がなつの心情を描いた曲になった気がし
ます。歌詞を読んで想像すると、「運命の人」よりも時間
軸が前の様な気がしました。それにしても気がついたら、
なつがこんなにも切ない世界が似合うアーティストになっ
ていたとは。私の好きなアーティストは切ない世界が似合
う人ばかりなんですが、なつの切ない世界ってなんとなく
複合技っぽい気がするのは気のせいなんですかね?




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

posted by cozey at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

COMA-CHI「LOVE ME PLEASE!」

こちらはHMVで視聴していたら気に入ったので購入したも
のです。

     COMA-CHI「LOVE ME PLEASE!」

LOVE ME PLEASE!

私の中でフィーメルラッパーはMiss Mondayで時間が止ま
っていたんですが・・・。私は視聴して気に行ったら購入
するタイプではないんですが、このCOMA-CHIは何回かH
MV
で視聴していたら、段々と気に入ってしまい購入してし
まいました。
今まで聞いた女性のMC、そしてレゲエのDeeJayにも言え
る事なんですが、"声が男勝りすぎる"んですよ。ヒップホッ
プ・レゲエの現場が男社会だからなのかもしれないんですが。
このCOMA-CHIは女性特有のしなやかさとでも書けばいい
のでしょうか?そういうのを感じます。
あと非常に聞き取りやすいラップをしている&ライムフロ
ウが非常に心地良いんですよ!!韻の踏み方が非常に印象
に残るとでも書けばいいのでしょうか?
そういう事を思いながら、他のCOMA-CHIのアルバムの帯
を見たら「2005年度、BBOYPARK準優勝」という文字
が。だからこんなにライムフロウが巧み及びきちんと言葉
が伝わってくるんだと、納得。
あとラップの上手さもさる事ながら、シンガーとしてのポ
テンシャルも非常に高いと思います!!というより、シン
ガーだけやっていっても、確実にR&Bシーンに存在を確立
できるはず!!

個人的に気に入ったのは、ラップの巧みさがとても印象的
「Mr.Platonic」「BBOYPARK」3連覇を達成したKRE
VA
との男女の恋のいざこざをマイクバトルした「1 on 1」
フックでのCOMA-CHIの歌声がとても印象的な「perfect
angel DJ HASEBE Summer Luv Remix」
そしてもろエ
ロソングな「HEY BOY,HEY GIRL」

客演もの・もしくはフィーチャリングものが多かったのが、
ちょっとガッカリなんですが、ある意味で新世代なフィー
メルラッパーに出会った気がします。




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

ラベル:COMA-CHI 音楽 music
posted by cozey at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

miray「jump Pump」

タワーレコードで視聴したもので、とても気になったもの
を紹介。

        miray「jump Pump」

Jump Pump

確かPOPでは「新世代のレゲエの歌姫」という風に書かれ
ていた記憶があるんですが、この曲聞いてみてびっくりし
てしまいました!!レゲエシンガー特有の粘っこい歌声が
まったくないじゃないですか!!実は私、いろんな音楽を
浅く広く聞くMUSIC LOVERなんですが、その中でも演歌
と"レゲエシンガー(DeeJay)が歌うレゲエソング"がとて
も苦手なんです。両者に共通するものは、そのジャンル特有
のコブシとでもいうか、ヴァイヴスとでも書けばいいのか。
(レゲエに関しては例外はいる[MOOMIN・MINMIは好き
なんですけど]んですが)
正直"レゲエシンガー(DeeJay)が歌うレゲエソング"が大
嫌いな私がこんな事を書くのはどうかとは思うんですが、
"こんな歌声でレゲエやっちゃって大丈夫なのか?"と。
演歌で言えば"コブシをまったく出来ない人間が日本の心を
歌っちゃっている"感じなんですが。
個人的にはとても好きなんですよ!!透明感溢れる歌声と
非常にリズム感が良い所が。
ある意味で"レゲエ+GIRLPOP"という感じがするんですけどね。
個人的には今後mirayがどんな感じになるのか要注目という
かはっきり言ってチェックしたんですけど。

最後にレゲエリスナー&シーンの評価がどんなものなのか
非常に知りたい!!ある意味で今年最大の衝撃です。




          −追記−

これはさっき知ったんですが、「jump pump」はレゲエじ
ゃなくてソカだったそうで。私もまだまだ勉強不足だなと。
ちなみにソカはトリニダード・トバコの音楽だそうで(こ
れはMINMIがソカをやりだした時にテレビで紹介されてい
た記憶があります)。
で、トリニダード・トバコとジャマイカは、国が近いから
ソカとレゲエって同ジャンル・もしくは親戚みたいな感じ
なのかな?と思ったら全く違う様です。(詳しくはこちら
で)これは1つ良い勉強をさせてもらったなと。



banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。


ラベル:miray 音楽 music
posted by cozey at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

B@by Soul「トキワの街角」

まさかの懐かしミュージックというかfavoriteシリーズ第4
弾です。

      B@by Soul「トキワの街角」

トキワの街角    (CCCD)

確かこの曲を初めて聞いたのはFM802だったと思います。
それで感じるものがあり、TSUTAYAでレンタルした記憶が
あります。初めてきちんと「トキワの街角」を聞いた時、
"やっと見つけた!!"感が。やっと私の中でKey of Life「
ASAYAKEの中で」
と並ぶ曲を。いわゆるfeat.ものを含め
てのVo.&RAPユニットってどちらかが前に出過ぎ&とても
くどいアピールをしている印象があるんですが、このB@b
y Soul
は、ラップもボーカルも非常にバランスが良くて上
手いんですよ!!ラップのUはハードコアなスタイルなんで
すが、きちんと言葉の1つ1つが聞こえてくるし、ボーカ
ルのKOZUEは透明感溢れる歌声がとても魅力的だし。
本当にやっとKey of Life「ASAYAKEの中で」と並ぶ曲を
見つけられた事にとても狂喜乱舞していたんですよ!!
そして1stアルバム「everlastin' tracks」がとても良い出
来だった事にびっくり!!ラストの「Jewel」がちょっとキ
ャッチー過ぎると思った以外は、クラブフロア直結なサウ
ンドと良質なポップスが高いレベルで融合している曲ばか
りが収録されているアルバムなんです!!私の中では10
0点をつけている(他に100点をつけているのは岡村靖
「家庭教師」)んですが。

B@by Soulに関しては書き始めると止まらなくなってしま
うので、この辺でやめて(思い入れがありすぎるので)お
きますけど、1つだけ書くとするならば「トキワの街角」
がある意味で100点過ぎた気が?ラップにしてもボーカ
ルにしてもトラックにしても。デビュー曲でこんなにも高
い点数を出されてしまったら、リスナー側としては"次はど
んな凄い曲をリリースしてくれるんだ!?"と思ってしまう
訳で。

今は2人ともどこで何をしているか分からないんですが、
活動終了は今でも非常に(レコード会社との契約満了だと
しても)もったいないと思ったし、正直これからだと思っ
たんですけど・・・。

最後にB@by Soul活動終了後、新たにVo.&RAPユニット
に心を動かされた事(faithはコンセプトに惹かれて[Cla
ssic meets Hiphop
]好きになったので)はありません・・・。




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

ラベル:音楽 music B@by Soul
posted by cozey at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

twenty4-7「Shake」

"とまらない このSUPER SISTERS"の曲をカバー。

        twenty4-7「Shake」

Shake(DVD付)

この曲はDOUBLE「Shake」をカバー。



実は一度「MINAMI WHEEL」にてライブを観た事があっ
たなとふと思い出した訳なんですが。感想はというと、D
OUBLE
も今年で10周年だったんですね!!あとDOUBL
E
に対するリスペクト感とでも言えばいいのでしょうか?
そういうのが充分に伝わってきました。個人的にRAPのM
IKA
の1番のリリックですか、ここが1番印象的でした。
DOUBLEの10周年を祝福して、彼女(達)の歩んできた
道のりに敬意を表し、私達が彼女(達)のバトンを受け継
ぐといった内容に聞こえました。
2番の最初のフロウもちょっと新鮮で面白かったです。

その一方でVo.のMEは、後半部分はパンチがあってよかっ
たんですが、前半部分がパンチがないというか物足りない
というか。
「Shake」の聞き所の1つとして、SACHIKOTAKAKO
の姉妹ならではの掛け合いとでも書けばいいのでしょうか?
そういう所だと思うんですが、かといってフィーチャリン
グすると、DOUBLEをリスペクトしているシンガーを探す
所から始めないといけないので、それはそれで大変(この
カバーのコンセプトはDOUBLEに対するリスペクトという
意味もあると思うので)だし。
この曲に対するMEの歌唱法は抑揚の"抑"をつけすぎた様な
気がしました。

あとこれは曲に対してではなく、PVに関してなんですが、
DOUBLEと同じ感じのPVの様にしたのなら、踊れとまで
は書かないんですが、せめてちょっとした振り付けぐらい
はした方が良かった気が?グルーヴに身を寄せているだけ
だったら、ああいう感じのPVじゃなくても良かった気が?

いわゆるR&BDIVA創世記(R&Bという畑を耕したとでも書
けばいいのでしょうか?)の曲をカバーしたのは、倖田來
Suger Soul「今すぐ欲しい」を。May J.がこれまたS
uger Soul
「Garden」を。そしてtwenty4-7「Shake」
で3曲目ですか。この中でもリスペクト感が非常に感じる
のがtwenty4-7「Shake」なんですが、カバーとして1
番良かったと思ったのは実は倖田來未「今すぐ欲しい」
なんです。

これは倖田來未「今すぐ欲しい」を聞いた時も思った事
なんですが、"DOUBLEもカバーされる側に行ってしまった
か"と。嬉しくもあり、切なくもあり、時の流れを感じてし
まう部分も・・・。

この曲をカバーしてくれた事に対して、空の上にいるSAC
HIKOさん
はどんな風に感じているんでしょうか?
あと個人的にはSOULHEADがこの曲をカバーしたらどう
なったのかな?と。

最後にですね、嶋野百恵をカバーする強者はいないのか?
と。(出来れば「Hot Glamour」辺りをやってくれると嬉
しいんですけど)




banner2.gif


d_01.gif


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリック(携帯の方はこちらから)お願いします。

ラベル:Twenty4-7 音楽 music
posted by cozey at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする